ブログ - 予約システム

予約システム

カテゴリ : 
予約システム
執筆 : 
miwako 2010-2-17 19:53
日曜日のお昼、家族で「くら寿司」へ。

くら寿司は、全国展開されている回転寿司です。

一皿100円、という嬉しい価格設定。

また、とても画期的な仕掛けが有名で、

食べ終わったお皿は、テーブールの端にあるお皿回収専用口に入れ、

お皿5枚入る毎に、タッチパネルのルーレットが回り始めるのです。

当たりがでれば、ガシャポンで出てくるようなおもちゃがでてきます。

「ビッくらポン」と言うそうです。

子供たちは、それをとても楽しみにしており、

お皿を入れるのを喜んでやっています。

お皿は片付くし、当たればおもちゃがもらえる、

また、従業員の方も、お皿を数える手間が省けます。

とても素晴らしい!!!

雰囲気もとても活気があって明るい感じ。

こんな合理的なシステムを考え出した方はすごいですよね。

以前、くら寿司の社長さんがテレビ番組に出ていたことがあったのですが

沢山のアイデアをお持ちで、特許取得の技術がいくつもあるそうです。

考える時には裸で歩きながら考えるそうです。

とても個性的な素敵な社長さんだと思いました。


お店の回転を究極的によくする工夫があらゆるところにされていて、

お皿の底に時間管理システムが細工されているそうで、

一定時間を過ぎると、廃棄処分される、とか。

また、その中でも際立っているのは順番待ち予約システム。

お客さんは外から予約ができます。

途中で順番の確認もできます。

来店してからの受付はとても便利で簡単なタッチパネル。

お客さん自身で受付をします。

店員さんが入り口で、「何名様ですか?」

と聞く手間が省け、お店にとってもお客様にとっても、満足度100点満点。


その日は、私は携帯電話を家に置き忘れていたので、

お店に行ってから予約。

あ〜今日に限って携帯忘れた・・・と思いましたが

駐車場が空くのをで待っている間に、お店へ行って予約。

とにかくお客さんの回転が早いので、

それほど待たずに順番が回ってきました。

外食業界が厳しいご時勢、くら寿司は席はもちろん満席。

しかも入り口で待っているお客さんがいっぱい。

すごいですね。

これも、画期的な仕組みを導入されているからでしょう。

やはり、これからの時代、

予約システムは必要なアイテムなんですね。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://rmat.jp/modules/d3blog/tb.php/56
カテゴリ一覧
ログイン

メインメニュー

広告配信
マニュアル(PDFファイル)を用意していますので、こちらをご覧下さい。
予約システムマニュアル

運営
予約システムをクライアントに提供したい事業者様へ

広告配信
予約+広告=DropIn
DropIn(ドロップイン)
はこの予約システムと連動して広告を配信します。

運営者情報
スモールメディア
この予約システムおよびWEBサイトはスモールメディアが運営しております。
会社概要

カテゴリ一覧