ブログ - ID/パスワードは不要です

ID/パスワードは不要です

カテゴリ : 
予約システム
執筆 : 
rakumachi 2009-10-23 12:03

お店に来店するお客様が、この予約システムを通じて予約を入れる際、お客様はIDやパスワードを入力する必要はありません。

特に会員登録をせずに、ご利用いただけるようになっています。
※お店様は会員登録が必要です。念のため。
なりすましを防止する為に、メール認証をしていただくので、メールアドレスを毎回入力していただく手間がかかってしまいますが、あえてこのような仕組みにしています。


なぜかと言うと、



「会員登録をして、パスワードが知られるのは抵抗がある」

「1〜2ヶ月に1回程度、ログインするだけなので、毎回パスワードを忘れて問い合わせている」


などのお客様からの声をよく聞くからです。


では、なぜ世間のウェブサイトは猫も杓子も
「会員登録をしてください」「パスワードを決めてください」

と言って、個人情報を収集するのでしょうか?


「会員登録を一度、済ませてしまえば、次回からはお客さんが名前などを入力する手間が省けるから」

「お客様の属性(居住地、年齢、性別、職業など)から判断して、お役に立つ情報を配信します」


というのが、一般的な運営者の回答ではないでしょうか?

みなさんは、この答えに納得しましたか?





私は納得していません!!!

次のような意見だからです。


「会員登録を一度、済ませてしまえば、次回からはお客さんが名前などを入力する手間が省けるから」
⇒携帯メールで早打ちになれているユーザーは名前程度の入力なら、さほど苦に思わない
⇒入力に時間がかかるのは住所だの趣味だの「本来の目的に必要ない」情報を入力させようとするから
⇒メールアドレスは携帯の引用機能で入力するので、別に大変じゃない

「お客様の属性(居住地、年齢、性別、職業など)から判断して、お役に立つ情報を配信します」

⇒今まで、色々な会員登録をして、メールマガジンがたくさんくるが、「役に立つ情報」を見かけることはまれ
⇒というか、ほとんど開封すらしていない


どうでしょう?

あなたのお客様はどちらに近い考えをお持ちだと思いますか?


私はその答えは知りません。
ただ個人的に上記のような意見なので、ポリシーとしてこの予約システムも会員登録をせずに使えるように作っています。



あなたのお客様がどう考えるか・・・ここで想像をするより、直接、聞いてみるのが一番、確実かもしれません。



それにしても、なぜ、世のウェブサイトは会員登録をさせたがるのか?


「なんとなく、そういうものだから」

⇒ユーザーのことを考えていない

「会員情報を持っているとメルマガを送って、その中に広告を入れて収入が得られる」

⇒5年以上前にもてはやされた古いビジネスモデルですね

「囲い込み」

⇒本当に会員登録をすると囲い込めるのでしょうか?

「顧客管理をしたい」

⇒どこまで会員情報を有効に活用できそうですか?そのための十分な時間や人手はありますか?


色々と理由は挙げられますが、”売るため”の機能のように事業者側の都合が大きいような気がします。



もちろん、システムの性質上、会員登録の必然性があるものも世の中にはあると思います。

では予約システムに限ってはどうでしょうか?

ポイントなどが付くなら必要でしょう。

顧客管理機能と連動させるなら、必然性はあります。

しかし、純粋に予約機能だけについて考えたとき、必要はありません。

現実に、会員登録をせずに予約を入れられるシステムがあります。



それが、この楽マチです。




最後に繰り返します。

楽マチは「会員登録不要」「ID不要」「パスワード不要」の予約システムです。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://rmat.jp/modules/d3blog/tb.php/41
カテゴリ一覧
ログイン

メインメニュー

広告配信
マニュアル(PDFファイル)を用意していますので、こちらをご覧下さい。
予約システムマニュアル

運営
予約システムをクライアントに提供したい事業者様へ

広告配信
予約+広告=DropIn
DropIn(ドロップイン)
はこの予約システムと連動して広告を配信します。

運営者情報
スモールメディア
この予約システムおよびWEBサイトはスモールメディアが運営しております。
会社概要

カテゴリ一覧